バストが垂れるのを防ぐ対策について?

「胸が垂れたな」と感じた場合は、下記のような対策を行えば垂れた胸が改善され易いので、早めに対策を行ってコンプレックスを解消しましょう!

女性ホルモンを働かせる
食事に、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれている大豆製品(納豆・豆腐・豆乳など)を取り入れるという方法もありますし、集中的に女性ホルモンを補ったり活性化させるバストアップサプリを飲むという方法も手です。
どちらにせよ、毎日続けることで女性ホルモンに作用することができるので、習慣化させることが大事です。


大胸筋を鍛える
バストを支える大胸筋を鍛えることで、胸をしっかりと支えられますし、胸内部のクーパー靭帯の負担を少なくするということにも繋がって、伸びたり切れたりすることを減らすこともできます。

~大胸筋の鍛え方(1日15回程度)~
姿勢を正して合掌のポーズをします。
この際、ひじを平行に保ちながら大胸筋を意識して、息を吐きながら合掌している手を10秒ほど押し合います。


バストをガードする
胸を支えるクーパー靭帯というのは、振動や揺れなどの衝撃によって切れたりしてしまうので、そうならないためにも運動の際はスポーツブラでガードしたり、就寝時はナイト用のブラを使いましょう。

加えて、過度なバストマッサージを避けることも大事です。